佐藤 一紀 Kazunori SATO/ヴァイオリン

(c)井村重人

京都市立芸術大学卒業、同大学院音楽研究科修了。
渡仏し、現代音楽の研鑽を積む。
1997年シャン城インターナショナル弦楽マスタークラス受講。
2004年関西日仏学館とパリシャンゼリゼ管弦楽団の共同奨学金を得て、
フランス、サント古楽フェスティヴァルに参加。
アトランティックユースオーケストラのメンバーとしてフランス各地で演奏。

2005年~2008年兵庫県西宮市に新設された、
兵庫県立芸術文化センター管弦楽団(HPAC)の第一期コアメンバー。
2009年、2013年パリ・フガート・アソシエイション主催のヴァイオリンマスタークラス教授として招かれる。
現在、長岡京室内アンサンブル・コアメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、その他のオーケストラの客員首席奏者、客演コンサートマスターとして数々の公演に出演している。
2011年作曲家平野一郎らと現代音楽グループ音色工房を結成。
2010年〜2011年倉敷作陽大学音楽学部非常勤講師。

これまでに、
立花和夫、景山誠治、辻井淳、岸邊百百雄、森悠子、R.パスキエ、M.オークレール、M.le.ディゼス、E.ウルフソン、S.ルセヴ、A.モッチャの各氏に師事。



ZAZA quartet 谷本 華子
(ヴァイオリン)
中田 美穂
(ヴィオラ)
金子鈴太郎
(チェロ)